--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.31(Sat):ストプレ話
8/25(日)13時 兵庫県立芸術劇場中ホール 1階T列上手側

上原金蔵:吉沢悠 竹内重雄:良知真次 星野丈治:中河内雅貴
長谷川好弥:入野自由 竹田幹夫:上山竜司 山田浩二:小林大介
太田川剛:板倉チヒロ 君原芳枝:初風諄 池田和也:山路和弘

きっと24日の昼を元男子部の方々やご家族が観に来られるだろうと思っていたので(そしてビンゴ)、どうにかこの日に観劇したかったんですが叶わず。兵庫の楽公演を観て参りました。
この日西日本を襲った豪雨の影響か、開演してから入ってくる人がとても多くて、いい舞台だっただけにそれが残念。仕方がないことではあるんだけど。もうちょっと周りに気遣いして入ってきて欲しいものだ。前通る時「すみません」の一言ぐらい言えっちゅうに。
初演(感想はこの辺)、再演(感想はこの辺この辺)、三演(感想はこの辺これ)と観てきましたが、四演目面白かった!もう初演以来にボロボロ泣いた。「永遠の0」を読んでいる影響もあるかもしれないけど、一番は役者さんと、2010年の衝撃から3年が経って私も少し大人になれたからかも(笑)。やっぱりいい作品だ。
以下、感想。
スポンサーサイト

【Read More...】

2013.04.28(Sun):ストプレ話
4/27(土) 東京芸術劇場シアターイースト 
 14時 A列センター 19時 B列センター

陽子:篠井英介
香織:深沢敦
真由美:大谷亮介
<上演時間:約1時間45分>

リニューアル後初の芸劇にて2、3回目の3茶婦人会を観て参りました。劇場の大きさがドラマシティーよりも小さく、お三方も回数を重ねてこなれたのかな?大阪で観た時よりもより面白く、一層味わい深い作品に感じられました。定かじゃないけど、大阪ではあった台詞が削られている箇所もあったような?(真由美の「毎日の習慣が」うんたらかんたら)
夜公演では後ろの席の方がちょっと笑い過ぎちゃう?ってぐらいに反応が良いお方だったので、昼の方がじっくり楽しめたかな。以下、まとまらなくて困った時の箇条書き。ネタバレ注意

【Read More...】

2013.04.20(Sat):ストプレ話
4/16(火)19時 シアタードラマシティ― 3列上手端

陽子:篠井英介
香織:深沢敦
真由美:大谷亮介
<上演時間:約1時間45分>

二年振り、そして最初で最後になるであろう御三方が50代で迎える3軒茶屋婦人会の公演を観て参りました。
先月の「ウェディング・シンガー」に続いて結婚をテーマにしたお話でしたが、私にはこっちの方が性に合っているようです。「そんなことないわ~」と笑う自分がいる一方で、「そうかもしれないな…」「うっわ、すっごいわかる!」と心のどこかをチクチクやられているような痛みもありつつ、話自体は決してハッピーエンドじゃないのに、観終った後にふんわりした明るい気持ちになれる不思議な感覚に陥った舞台でした。是非色々な世代の女性の方々に観て頂きたいな~
以下、感じたこと。若干ネタバレしとりますよ。

【Read More...】

2013.02.03(Sun):ストプレ話
1/27(日)14時 シアタードラマシティー 11列センター

フランソワ・ドランブレイ:森山開次
ルーシー・シャンパーニュ:太田緑ロランス
デビッド・ホストマン:吹越満
<上演時間:約1時間半>

開次さんの舞台が観たいな~っと思っていたのと、前々から吹越さんのお芝居も観てみたいな~と思っていたところ、ご覧になった方の評判が良かったので観に行きました。

開演してまず白のローブ姿の太田さんが登場し、観劇にあたってのお願い事をフランス語でぺらぺ~ら。もちろん私はちんぷんかんぷんですが、フランス語の間に「携帯電話」や「お願い」などの日本語が挟み込まれ、大体何を言っているのか分かるのがちょっと面白い。
その後、開次さんと吹越さんも登場し、この物語の背景であるカナダ・ケベックシティとモントリオールは車で3時間かかることや、「各劇場で『フランス語で上演したい』と言ってきたが、『観に来るお客様にフランス語をわかる方がいらっしゃらないのでは…」と断られしまったけど一番ホッとしているのは実は自分です」なんてことをお話しし、「それでは始めます。」の吹越さんの言葉で開幕。前説のあるお芝居なんて初めてでした((笑)。ああくそ、この文章じゃ吹越さんの面白さが全く表せない。

【Read More...】

2012.12.31(Mon):ストプレ話
年末恒例企画。昨年はこんな感じでした。

【Read More...】

2012.12.30(Sun):ストプレ話
先日仕事納めというものを初めて体験し、コース8000円という自腹では絶対に行かないような祗園の中華料理屋さんで忘年会。ふかひれのスープとか、タラバガニとか美味しかった~
料理も美味しかったけど、そこで色々話していたら私が会社に来てくれてよかった、いつもしょーもないこと言っったりやったりするのに付き合ってくれてありがとうと数名の方に言ってもらえたことがとても嬉しかったです。ついでにこの会社はカラーの強い人じゃないとなかなか居続けられないらしく(社長談)、「私大丈夫ですか?」と6年勤めているパートさんに伺ったら、「大丈夫。」と力強いお墨付きを頂けて安心しました(^^;)
他にも、ある営業さんは関東などに出張に行った時に実は内心寂しくて孤独感と(得意先回りの予定がギチギチで)焦燥感に苛まれているので、そんな時に会社に用事で電話した時にパートさんや内勤の女社員に「こっちは○○やけど、そっちはどう?」とか「頑張ってね~」と言ってもらえたらすごくい嬉しいしホッとすると言っていたのがかなり意外。そんなもんなんか~

そんなこんなで前回の更新以降に出た来年の気になるスケジュール。

【Read More...】

2012.09.17(Mon):ストプレ話
9/16(日)16時半 名鉄ホール 8列下手側

アザミ(吸血鬼):薬師丸ひろ子 
こがね(吸血鬼):篠井英介
マリオ(人間):村井良大
夏彦(吸血鬼):萩原聖人
<上演時間:1時間半>

兵庫公演は無理、大阪公演を観に行けるかわからなくて「今年は英介さんの舞台観られないかも…」と落ち込んでいたところ、偶然名古屋公演が日曜にあることを知り観に行って参りました。
チケットはぴあで直前に取ったんですが、席は前方の端。でも、ここのホールは舞台もあまり大きくなく客席も縦長な台形な感じなので、端といってもサブセンターぐらいの感覚で観易かったです。音響はあんまりかな?

【Read More...】

2011.12.30(Fri):ストプレ話
恒例の今年一年観た舞台や映画のまとめ。去年はこうでした

【Read More...】

2011.12.01(Thu):ストプレ話
「書きます」と鼻息荒く宣言してから日が空いてしまいましたが、終演後に行われた潤ちゃん司会によるトークについて。仙台から大阪に移動する間に一人一人に対しての質問を考えたそうで、質問内容のメモされた携帯(赤かった)を片手に始まりました。
キャストごとに覚えてる部分について書こうと当初は思ってたんですが、今思い出そうとしたら答えはなんとなく出てくるけどはっきり思い出せないので、ラストの誰かさん+朝倉さんと己之助くんの一部だけ。他の方は思い出したらまた書くかも。並びは下手から、潤・戸・松・キ・巳・花・朝・圭だったかな。

【Read More...】

2011.12.01(Thu):ストプレ話
11/26(土)18時 シアターBRAVA! 1階P列下手

徳三郎:坂東己之助
新どん/幸助/鉄留熊八(他):植本潤
お駒/菊(他)松永玲子
長兵衛/ばあや(他):戸次重幸
おせつ:朝倉あき
彦六(他):吉野圭吾

刀屋主人/番頭/富/丈八/新吉(他):柳家花緑
庄左衛門/一右衛門(他):松尾貴史
<上演時間:約2時間25分(休憩15分含む)>

続いて夜公演とアフタートーク。こちらも簡単になので、分からない部分はよそ様で補完してください。

ついでにマチソワ間に散歩した大阪城公園にて、お堀を気持ち良さそうに泳ぐカモちゃん。


手摺に寄りかかって見てたら、「この人、何かくれるかしら?」って感じにすーっと近寄ってきて暫くしたら離れて行きました。めんこい。

【Read More...】

2011.11.27(Sun):ストプレ話
11/26(土)13時 シアターBRAVA! 1階B列10番台下手 

徳三郎:坂東己之助
新どん/幸助/鉄留熊八(他):植本潤
お駒/菊(他)松永玲子
長兵衛/ばあや(他):戸次重幸
おせつ:朝倉あき
彦六(他):吉野圭吾

刀屋主人/番頭/富/丈八/新吉(他):柳家花緑
庄左衛門/一右衛門(他):松尾貴史
<上演時間:約2時間25分(休憩15分含む)>

ロビーには恒例のnutからのお花が飾られていましたが、いつもよりもちょっと豪華に見えました。


上演時間を見たら東京よりも5分短く書かれていましたが、実際に観たらそんなことは全くなくって、なんとなく大阪は笑い声が大きかったような気がします。しかし夜はあちこちから携帯の着信音が鳴り、本当に残念でした。
それでは割りと簡単に書き易い箇条書きでまずは昼公演の模様をお送りしやす。尚、補完はよそ様でお願いしいます。

【Read More...】

2011.11.25(Fri):ストプレ話
キャスト別の感想やツボなぞについて。いつもはキャストの名前と役名をくっつけて書きますが、今回はキャスト名で書いてみる。
ところで、仙台公演も盛り上がったようですね。マイケルな夫婦は是非この目で見たかった(と、想像しようとして目を閉じたら「茶!」なマイケルが出てきた)。

【Read More...】

2011.11.19(Sat):ストプレ話
11/16(水)19時 世田谷パブリックシアター 1階M列下手側
11/17(木)14時 世田谷パブリックシアター 1階G列上手側

徳三郎:坂東己之助
新どん/幸助/鉄留熊八(他):植本潤
お駒/菊(他)松永玲子
長兵衛/ばあや(他):戸次重幸
おせつ:朝倉あき
彦六(他):吉野圭吾

刀屋主人/番頭/富/丈八/新吉(他):柳家花緑
庄左衛門/一右衛門(他):松尾貴史
<上演時間:約2時間30分(休憩15分含む)>

7年振りの三軒茶屋、そして8年振りの世田谷パブリックシアターに行って参りました。そう言えばこの時も潤ちゃんがいたな…他にも英介さんや鋼太郎さんなどなど。懐かし~

最初にやや辛口な部分から。主観です。

【Read More...】

2011.11.18(Fri):ストプレ話
11/16(水)14時 新国立劇場 14列下手寄りセンターブロック

富姫:篠井英介 姫川図書之助:平岡祐太
亀姫:奥村佳恵 桔梗:村岡希美
山陽九平:関秀人 小田原修理:関戸将志
朱の盤坊:坂元健児 

葛:粟田麗 撫子:鳴海由子 萩:小見美幸 女郎花:岡野真那美
女の童:冠野智美 浅場万矢 飛鳥井みや
討手:津村雅之 今国様彦 稲葉俊一 早川友博
討手:関佑太 遠藤広太 平良あきら

近江之丞桃六:小林勝也 舌長姥:田根楽子
薄:江波杏子
<上演時間:約1時間50分>

新国立劇場は初めてなので、初台駅からぼけ~っと前の人について行ってたら、なんか怪しげな場所に。「ん?これが入り口か?それともこのビルの中に劇場入り口(兵庫芸文みたいに)があるのか?」と悩みつつ、やや不安になったんで警備員さんに聞いたらやっぱり楽屋口に迷い込んでしまってました。あーびっくりした。優しい警備員さんありがとう。
そんなこんながありつつも、富姫様を観て参りました。

【Read More...】

2011.05.11(Wed):ストプレ話
5/1(日)14時 シアタードラマシティー 3列下手側センター

ミミ:篠井英介
ベニィ:深沢敦
ジュン:大谷亮介

<あらすじ>
2012年、春のニューヨーク。
その古びたバーはソーホーの片隅にある。
店の名は「紅や」。
そこに一人の老女が現れる。
彼女は木箱から大事そうに酒を出してグラスに注ぎ、飲み干す。
「ジュン。ベニィ、あたしたち三人は……最高の姉妹だったわね。」
彼女の名前はミミ。
かつてこの店には3人の「女」が暮らしていた。
同じ一人の男を愛し、一人の息子を育て上げた彼女たちは確かに姉妹のような、いやそれ以上の絆で結ばれていたのだ。

(パンフより抜粋)

3年振りの3軒茶屋婦人会の公演を観てきました。
あらすじにもあるように、2012年のニューヨーク、ソーホーにある紅やの奥から90歳の老女(英介さん)が登場してポツリポツリと独白するシーンから始まるんですが、そこから10年、20年と終戦の1945年まで時を遡っていきながら物語は進んでいき、それにつれて現在や近い方の過去の場面では謎だった彼女たちの言動や背景が浮かび上がってくるという演出はとても面白かったです。これ、一回観てからもう一度観たら更に面白く観られるだろうなあ。今回もDVDが出るそうなんで違った視点で楽しみたいです。

【Read More...】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。