--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.30(Thu):好きな役者話
最近ネットをさまよっていてこんな記事を見つけて、「ああ、自分はヘビ顔好きやったんや。」と気付くことが出来ました。ここにあがっている人やと、度合いの大小はあれども、綾野さん、長谷川さん、蔵ぴょん、大沢さん、堺さん、ミッチーがあてはまるし、これ以外だと英介さん、萬斎さん(狐かもしれん)、松田龍平くんも入りそうな気がする。ただ、同じヘビ顔の定義で括られてても、どこか一癖ある人がよりお好みのようだ。
で、「けーごさんはどうなんだ?入る?」という疑問も浮かんだんですが、「細身の服が似合う、無機質な印象、冷たそうな雰囲気、そこはかとなく漂う色気」って部分はドンピシャだし、、目元涼やかだし、色白いし、顎長いし、元ヘビだし、私の中では同類項にまとめておくことにする。あと、上の項目に勝手に付け加えるなら、熱さは感じるけど暑苦しくはないってのも入るかなあ。
スポンサーサイト

【Read More...】

2013.05.24(Fri):好きな役者話
昨日お亡くなりになった大蔵流狂言方の茂山千作さんの最後のインタビューが収録されている「Table of Dreams~夢の食卓」の再放送を今朝観ました。千作さんのお姿を観ていると、亡くなったことが哀しいのと同時に、その福々しいお顔に自然に笑顔になってしまって、なんとも感情の持って行き場に困りながら観てしまいました。鼻に酸素吸入のチューブが通されていたし、耳も遠くならはったご様子でしたが、それ以外は私が数年前に観た舞台の印象のままのしっかりとした口調のお元気なご様子のお姿で、千五郎さんのインタビューの通りに静かに旅立たれたんだろうなあ…とちょっとほっとしました。インタビューで「厳しく稽古することはない、上手くなりたいと思って日々稽古することが大事」だと仰っていたのがとても心に残ってます。

【Read More...】

2013.02.26(Tue):好きな役者話
作品の感想も書きたいけれど、なんか想いが溢れてこのままではツイッターで流しそうめんしてしまいそうなので、ちょっと発散させる。

【Read More...】

2012.10.04(Thu):好きな役者話
ネットを離れている間に色々出てきてたんですね。

まずは、今年の春に前事務所を辞めてフリーで活動されていた英介さんが、10/1から柳家花緑さんと同じ事務所に所属されたそうです。あまりの忙しさにダウンされていたと先日のブログで仰っていて心配でしたが、これでようやく落ち着いて役者業に専念できますね。よかった。
前事務所の宣材写真はちょっと怖かったけど、新しい宣材写真は様々な表情が楽しめていいですね。メインの微笑み写真が大好き。びっくりしたのは、スーツ姿も珍しいけどジーンズって初めてじゃないかな?全身見た~い。
ついでにこれとスリーサイズ比較してみた。…英介さんヒップが豊かだな。長さは違うけど細さ的には近いですね(だからどうした)。
そしてもう一つが、来年の大河ドラマに尊攘派の公卿:三条実美役でご出演とのこと。狩衣姿は難しそうだけど、お写真でお召しのケープコートもお似合いなので楽しみだ~それにしても可愛いポーズですな。

同じえぬえいちぴーのドラマ繋がりで、「火怨・北の英雄 アテルイ伝」の大沢さん以外のキャストが発表になったとのことですが…え~?なんで設定変えちゃうの?あの長い話をまとめるのは大変だろうから多少の変更はありだと思うけど(わらび座も変えてたし)、ここまで変える意味あんの?とりあえず飛良手と伊佐西古がいないことにがっくり。特に飛良手がいないってことは、あの最期も変わってしまうのかな…?天鈴の存在も欠かせないと思うんだけどな。蝦夷があそこまでの騎馬軍団を要するに至ったのは、物部の力なしでは考えられへんのに。
キャスティングは結構いい感じなだけにこの改悪はとても残念ではありますが、同じ大沢さん主演の「JIN―仁―」も人物設定を大きく変えつつも好評だったみたいだし、そこに希望を持ちたいなあ…。ああ、「JIN―仁―」もまた観たい。

屋根の上のヴァイオリン弾き」にも驚いた。まさか婿2と婿3にこの人たちが来るとは。入野くんのお芝居は「アンバランス」でしか観たことないけれど、同事務所の長い人のパーチックとは違う熱いパーチックと、優しいフョートカを楽しみにしてます。潤ちゃんモーテルをまた観られるのも楽しみ、ちーちゃんホーデルもとても楽しみだ。…もう一回ぐらいだけ観たいな、チーズポロポロ溢す「何故!」の人(さすがに無理か)。

最後にクリエの5周年企画ですが、きっとあるであろうちーちゃん「わたし」とシルビアダンヴァースは気になるけれど、私は「ミス・サイゴン」で年末年始にどんよりしようかと思います。いずみんトゥイが観たい。
2012.06.02(Sat):好きな役者話
ようやくDTFのネタバレを無視できる状態(と言っても自分の書き上げるまではお預けやけどな―)になったのであちこち見回ってたんですが、そのなかで一番びっくりした発見が英介さんがスマホ(Android)使用なこと。絶対に携帯だと思ってたのに!意外にPCとか得意なのかな?…全く想像出来ない(失礼な奴)。
それにしても英介さんんのツイートを見ていると、とても達筆で大人なお手紙を書く方と同一人物とは思えない。とても可愛らしい。「私」でもなければ「僕」でもなくて「ボク」な辺りとか、「ツイート」とか「つぶやく」じゃなくて「書き込み」な辺りが個人的にはドツボです。7月が過ぎてもそのまま続けて頂きたいな~

ところで携帯と言えば、隔月ミューでのDTF対談の写真で胸ポケットに入れている物が気になります。形と重さ具合から携帯だと思うんですが、大きさ的に普通の携帯?…など勝手に想像してすみません。
<続きに拍手コメントお返事>

【Read More...】

2011.02.01(Tue):好きな役者話
本日、こんな物を買ってしまいました。


ご覧の通り箱ティッシュです。そして箱に映っているのは…この方。なんでも去年の冬?に東北限定で売られていたそうなんですが、今期は全国販売になったんだそうです。その存在はツイッターなどで知ってはいたものの、そこまで購買意欲は誘われず、半分忘れていたんですが…今日の出勤前に日用品売り場で偶然見つけてしまい、即購入してしまいました(^^;ティッシュで鼻をかまへんから必要ないんやけどな~おまけにこれひと箱で200円近くするし。5箱入りの箱ティッシュが買えますよ。が、所詮可愛さには勝てないのだよ、うん。鑑賞用にして楽しみます。
ところで、「わさお」の映画を母が大変楽しみにしています。なんか知らない間に一緒に観に行くことになってました。まあええけどね、私も観たいし。しかし、おばちゃん役を薬師丸ひろ子ってどうなんだ(^^;

先日梅芸で本チラをもらった「紅姉妹」のサイトがリニューアルされてました。…何度見てもすごい。でも、裏面の老婦人三人組はあまり違和感なく街中にいてそうな雰囲気です。振袖の方もいてそうですけど(笑)。大阪は土日で各一公演なので、1回しか観られなさそうなのが残念。思い返せば、「ヴァニティーズ」は3回観られたけど、それ以降は全部1回ずつなんだよなあ。C7と被ってたら東京も考えたんですけど。
ついでに、ひいき連から先行案内と一緒に英介さんの直筆(のコピー)の挨拶状が入ってたんですが、字の綺麗さも然ることながら文面が上品な大人そのもの。字や文て人柄が出ますねえ。私の字なんて、斜めに傾いてるし、角々してるし、癖があるし、文面もあほっぽいし。はあ、こんな大人になりたかった。
2010.12.10(Fri):好きな役者話
ツイッターで検索していたら、英介さんが出演されているラジオのことを書いている方がいらっしゃいまして、そこで今年英介さんがご覧になった演劇作品のうちBEST7の作品名を知ることが出来ました。その中に1つだけ私も観た作品が入ってまして、それが森山開次さんの「TSUBASA-翼-」なのが嬉しいな~まだ感想書いてないけれど、あれは初っ端から惹き込まれました。
もう一つ、こちらもツイッターで検索していたら「ファントム」の伯爵役の古川くんのファンの方が書いてらして嬉しくなったんですが、英介さんはカテコでいつも古川くんの背中を押して前に出し、ご自分は隅で見守ってたらしいです。私が観た時も自分の立ち位置に石橋さん(だったかな?永島さんかも?)を押し出し、ご自身は一番下手側に立っておられましたし、ご自身が主演の作品でも常に一歩引いて周りのキャストに拍手をされるような謙虚な方ですからねえ…そんな英介さんが大好きなんですが、他の役者さんのファンの方からお褒め頂けるのはホント嬉しいです。今回は特にカテコで怖いお顔なことが多かったんで余計にね。それ故、オケさんにスポット当たってる時の笑顔にどれほど和んだか。
そして、これはまた別の方のツイートで知ったんですが、「ファントム」の千秋楽で英介さんが泣いていらしたと知ってびっくり。カテコで泣きはるなんて噂に聞いた「欲望という名の電車」の初演以来じゃないのかな?久し振りのミュージカル、しかも父親役というせいもあるのかもしれないけど、色々な思いもあったのかもしれないですね。
改めてお疲れ様でした英介さん。来週の「アラカルト」のゲスト出演、そして年明けからの「チェーホフ?」は観に行けませんが、ご活躍をお祈りしています。
と言う訳で、「サロメ」の再演熱烈希望。「欲望~」も観たいです。篠井ブランチに吉野スタンに大沢ミッチとかなったら確実に人間終れる。
2010.11.30(Tue):好きな役者話
「M!」観劇からちょうど3週間。観劇直後辺りはあの想いを上手に昇華出来そうかな?と思ってたんですが、時間が経つにつれて益々恋しくなってきてます。回数にしたらそんなに多くはないんやけどな、あっきーヴォルフ。
でも、「M!」は聴く勇気が出ないので最近仕度しながら「SHIROH」のCDをよく聴いています。やっぱり好きだなあっきーの歌声は。特に「まるちり」の「死ぬしかないなんて~」の「か」の音の上がり方がすっごく好きですし、バーニングゼンザの歌も好き。逆に「はらいそ」はあの透明感のある歌声に胸がきゅっとなりますね。寿庵のあの表情も浮んできちゃうし。そう言えば、大阪楽ではリオが口づけてシローが目を開けてから歌い出すまでの間、長さもなんですけどシーンと静まり返り固唾を呑んで見守っているかのようなあの舞台上、客席の空気はすごかったなあ。
他の歌では「我らの御霊をはらいそに」のリオの歌声も大好きです。当初はこれ聴きたさにCD買ったもんね。そして「さんじゅあんの闇市」のゼンザの歌とコーラスで聴こえる聞き覚えのある誰かさんの歌声も好き。ついでに「お前は一体…答えろ!お前は誰だ!」の四郎の問いかけに対して本編では十兵衛が出てくるけど、CDだと伊豆守が出てくる(ように聞える)のが爆笑。「ROCK'N伊豆守」は大体飛ばすんですけど(^^;、しげちゃんの「はいぃ?」が可愛いので時々は聴いてます。私の中でしげちゃんは一番影の部分がない人だ。思えば、あの袖口がストンと落ちて腕が丸見えになったのにドキッとしたのがそもそもの始まりだった…のか?

そんな訳で11月も終わりですね。明日はようやく「ファントム」を観られます。が、その前に京都に行って化粧品買わないと。逆方向だよ(^^;
2010.11.25(Thu):好きな役者話
昨日の仕事帰りにようやく劇場版「相棒」の前売り券を購入。


このショットよりもペア券の方の特命ツーショットの方が好きなんで迷いましたが、公開の時期が時期だけに(忙しいからね~)とりあえず1回だけで。
で、前売り券を買ってもらったのが下の冊子なんですが、中園参事官による「相棒」の解説本。表紙のふりがなを見てもわかるように、子供向けっぽく作られててページ数も少ないですが面白いです。何気に警察庁と警視庁の何階に特命部屋があるとか捜査一課があるとか鑑識があるとか官房室長があるとか書かれてるのも楽しい。
こういうお遊びを舞台でもやったら面白そうなのになあ。例えば「MOZART!」なら、友人でもあり劇場支配人でもある誰かさんによる「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生涯」とか「作曲した主な楽曲と年代」とかを解説した冊子とかあったら楽しいのに。お金の問題で難しいか。
昨日の「相棒」は捜一トリオが出てなくてちょっと寂しかったけど、角田課長と、特命二人が特命部屋にいることが多かったから大木・小松の二人の覗きっぷりもいっぱい見られたし、それ以上に陣川の存在が面白かったんで楽しかったな~陣川への右京の流しっぷりとか、神戸の冷めた対応とか、奈緒さんに「後輩の神戸くん」って紹介した時の「い!?」って反応の神戸が面白過ぎる。引き出物を間違えて持ち帰っちゃってお金を拝借しちゃった人への「ほど?」「本当は?」って特命係の追求はS度満載やったし、この二人にだけは捕まえられたくない!と心底思いました(笑)。いや~「モリのアサガオ」「ギルティ」でちょっと気分的に↓やったのが、陣川くんのお陰で払拭されたよ。ただ、気になるのはまだシーズン9に入ってから小野田官房長が一度も出て来てないこと。劇場版予告の「かんぼうちょ~!!」って右京の叫びもあるし、この前飼った雑誌にも岸辺一徳さんのインタビューがなかったし心配。まさか…いや、きっと焼きビーフン作るのに忙しいんだよ、うん。

で、やっとボケトークショーの動画(前編後編)がアップされました。司会が武岡さんで相方が山崎くんということもあって、今まで以上にゆるーーーーいトークですね。いやしかし美人だ。このまま無法地帯に磨きをかけていってどこまで突き抜けてしまうのかを楽しみにしてます。
2010.11.03(Wed):好きな役者話
今朝、なんかすんごい場所で「三銃士」を観劇している夢を見た篠ですこんばんは。どんな場所かって言うと、吊り天井?ゴンドラ?みたいに、校舎3階分ぐらいの高さで上から吊られた状態の場所に座席がばー並んでて、サイドには手摺りがあるけど前には手摺りがない、つまり前のめりになっちゃうとそのままポーンと落ちてしまう訳です。そんな場所から同じ目線の同じ様に吊られた舞台の上に立つ役者を観たり、時には遥か足元の舞台に立つ役者を観たりしてた記憶がある。とりあえずめちゃめちゃ怖かったのはよく覚えてます。目覚めた時も心臓バクバクしてたなあ。
そんな訳のわからん夢を見る私ですが、お陰様でブログを始めて丸5年が経ちました。これでブログを始めた当初の「とりあえず5年ぐらいは続けたいな~」って目標は達成出来たので、これからはいつ止めてもいいやって気持ちでさらに緩く頑張りますので宜しくお願いします。
ちなみに上の舞台ですが、長細っい悪役さんは足元の舞台にしか出現しなかったので扮装はわからず、主役の青年と枢機卿はコントみたいな鬘でした(笑)。早く本物見ーたーいー

そんな訳で「ファントム」初日おめでとございます!一旦は東京公演を諦めて大阪まで待つかーと思ったけど、こうして始まるとやっぱり早く観たいなあ…これ読んだ感じではセットも演出も変わってるみたいやし。ロープは残ってるかな?うーん、高速バスをキャンセルして一泊して立ち見で行くべきだろうか…。
って、赤徳利~~~!うわああああーパーマが素敵だー鬘以外でパーマって初めて観たかも?スチールのぺターとした七三よりこっちの方が好きだー英介スマイルで今夜はいい夢を見られますように(さっきまですんごい眠気と戦ってたけど、スマイル見たら目が覚めた/笑)。
2010.10.25(Mon):好きな役者話
本日の「モリのアサガオ」は、とにかく大倉さん演じる星山の姿が印象的。中でも、自分の心の中にあった罪悪感を自覚し、それと向き合いながら家の模型を作る姿、その模型を3日後に面会に来る施設の先生に見せる為に完成させるんだ!と言った時の無邪気な笑顔と模型を自分が命を奪った遺族の墓前に供えて欲しいと頼む時の目、そして何よりも震える手でなんとか解読出来るぐらいの文字で「よしこ先生ありがとう」と書かれた星山の遺書に胸が抉られそうになりました。死刑が執行される時の泣き叫ぶ姿と最期の「ママァァ~~~!」も鮮烈に焼き付いています。
何人もの人をその手にかけ、そして死刑判決を受けた確定囚の中にはその罪を後悔し懺悔しながら日々を過ごし、やがてその罪を償うべく死んで行く人がいる。一方で、命は奪わずとも人の人生をめちゃくちゃにしながら、10年かそこらで刑期を終えて出所し、反省の心もなくまた犯罪に手を染める人間もいる。死刑制度撤廃には賛成出来かねないけれど、なんだか今日の「モリのアサガオ」を観ていたら人が人を裁くことの難しさについて考え込んでしまいました。きっと私の感想読んでもなんのこっちゃって感じやと思いますので、DVDが出ることがあるならばご覧頂きたい。来週の平田満さん演じる死刑囚の話も楽しみです。
大倉さんの芝居観たいなあ…「犯さん哉」以来やから、もう3年彼を生で観てない。「消失」は観たかった。

そう言えば、同じナイロンの三宅さんが橋本じゅんさんの代役として「鋼鉄番長」の東京公演に出演するそうですね。無理して悪化させるよりも、代役を立てて正解やったんじゃないかな?急なお話で大変やと思いますが、三宅さんと河野さん、そして「RENT」のロジャー役で代役出演することになった藤岡くんの成功を陰ながら祈ってます。


2010.10.04(Mon):好きな役者話
昨日運動会の学校が多かったようで、本日はちょいと忙しかったです。でも売り上げあがったから嬉しい~♪しかし、何故皆様レジに並ぶ時に一斉に並び出すのでせうか?ちょっと前まで誰も並んでへんかったやん。ま、いいけどね。

ツイッターで池田和也さんこと山路和宏さんがブログを始めてはったと教えて頂き、さっき全部読んでみました。…予想に違わぬグダグダっぷりに微笑ましくなりました。やー山路さんらしいなーって思います。こんなオヤジ好きっすよ。これからは重さんやサカケンさんと一緒に癒しブログとして楽しませて頂きます。
しっかし、「祐ちゃん」呼びにはびっくりした。あのお二人でどんな会話が繰り広げられるんやろ?

「かなり遅いけど」の次に届いたポストカードをアルバムに挟もうとしてもうページがなかったことを思い出したんで、休憩時間に無印でポストカードアルバムを購入。120枚入れることが出来るんで、どうせならとこっちに全部移してみました。半透明の表紙から誰かさんのお姿が透けて見え、パラパラ捲るとさながらミニ写真集のようで楽しかったです。果たして残りの79枚が埋まるのは何年後でしょうか?
<続きに拍手コメントお返事>

【Read More...】

2010.09.14(Tue):好きな役者話
毎週楽しみにしていた「ジョーカー」が一応最終回を迎えました。それの感想なんぞをちょろっと。リアルタイムで観てなくてこれから録画を観るって方もいらっしゃるかもしれないんで隠します。

【Read More...】

2010.09.06(Mon):好きな役者話
こんなのをアップしてくださる土居さんが素敵です。誰に書かれたんだ一体。土居さんでこんなんやねんから、メインキャストでゆいいつのさんじゅーだいのご贔屓はきっとやられ放題に違いない。見たーい。私も書きたーい。
作品も重くて体力使うのに更に旅から旅で大変な3ヶ月間やったんでしょうが、温泉でおおはしゃぎして、そして今年は海にも行けてよかったですね圭吾さん。それらを糧に11月に更にパワーアップするであろう座長を楽しみに私もちょっとまったりモードに…入るのは無理かな(^^;ところで残暑見舞いはまだですかー京都市で39、9度ってどんな我慢大会やねん。
2010.07.25(Sun):好きな役者話
今朝、出掛けに母が「あんたの好きな気持ち悪い人がネスレのクレマトップってCMに出てたで。」と言いました。…気持ち悪い言うなって言うてるやろ!
で、さっき調べてみたんですがネスレのサイトではCMを見ることは出来ずがっかり。しかし、出てはるのは確かなようなので、もしかしたらという思いで某動画サイトに行ってみたところ、あった~
喫茶店のマスターですか。「君といた未来のために」を思い出しますな~右手に布巾もって左手をカウンターに付いているお姿がお美し過ぎます。そして耳に心地良いお声と抑揚。こんなマスターのいらっしゃる喫茶店なら毎日お茶しに行きますとも!紅茶の方が好きですが。髪型は…前髪下ろしてる英介さんは大好きですが、これはちょっと惜しいかな。そう言えば、こんな髪型を最近別の方でも見た気がする。
ついでにご紹介したいのがこちら。確か、私が篠井英介という役者を初めて認識したのがこれやったと思います。8年ぐらい前かな?月日が経ったとは言え、上の素敵なマスターと雰囲気違い過ぎる。そして、ちょっと頭の足りなさそうな三宅舎弟が大好きだ(笑)。

え~、ここでちょっとお知らせなんですが、いえ、お知らせってほどの大したことじゃないんですが、実は昨日から呟き開始しました。この時点では、やる予定はなかったんですが…実はある役者さんがされているのを偶然知りまして…気付いたら登録してました(^^;あの時のコメント主さんすみません。
いまいちやり方を把握し切れてないんですが、そのうちブログの方にも貼り付けようかと思ってます。たぶん、ブログ以上の関西弁であほさ加減を曝すかと思いますんで、冷ややかに見守ってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。