--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.20(Mon):ミュージカル話
まだ16日夜の感想を書いてないけど、先にこの日の上口くんの起こした諸々について。尚、ホストの部分は役者名と色で表記します(通達受領)。言うまでもないけどタイトルの青い人はnotもさもさ。
【More...】

<16日昼>
この回の指名は上口青くんと町田黄くん。直近の三公演の指名がずっと小野田黄緑くんと相葉橙くんだったので、個人的に別の組み合わせが嬉しかったんですが、それは当の指名された二人もだったのかな?まず町田くんのシェイクスピアが熱い(椅子に座ったまま始めるんだね~)。
それを受けた上口くんも同じく熱い芝居で受けて立つ。…のはいいんだけど、この日のナナコさんはまなさんと仰るそうなんですが、「まなさん!」って呼びかけるところを「なまさん!」と言ってしまい、ニャン子さんに「あんたお客様の名前間違えるなんてサイテーよ!」と駄目出しされ(もっともだ)、町田くんにも「名前を間違えるような奴に彼女を愛する資格はない!」と言われ(もっともだ)、それが尾を引いたのかその後に台詞言いながら後ろ歩きするところで今度は玉子さんの座ってるソファーにバアンぶつかってまた怒られてました。
そんなことがあったので、リョウさんと二人になった時のニャン子さんの台詞が「なんか青いの以外は皆お芝居上手くなったわね~!」になっておりました(そしていつもの如く爽やかに笑って「いえいえ、まだまだです。」と言う大人なリョウさん、この回は終始色で呼ぶ)。

続いて無茶振りのコーナーでは、小野田くんが男らしいスポーツと言えばアメフト、上口くんが女の子らしいと言えばチアリーダーと振られて最初は二人とも困った風でしたが、いざ始まると、アメフト小野田くんは、「うお~~~!りかこ~~~!!」と言いながらアメフトの構え(小脇にボール抱えて)で上走り回ったり、リカコにタックルしたり、上下にずざーっとトライ(ラグビー混じってる?)して転びまくったりと大変体を張っておりました。そんだけ動き回るものだから黒いおパンツが丸見えだよ(見せパンでしょうが)。
一方のチアリーダー上口くんは、腰に両腕を当てて左右の足を「ハイ!ハイ!」とリズミカルに蹴り上げながらあの笑顔でとっても明るい口調で「あたし!平気!慣れてるから!」などなどこちらも体を張っておりました。そんだけ脚蹴り上げるもんだから黒いおパンツが(略)。
ちなみに二人ともやり終わった後舞台にぐだ~となってぜえぜえ力尽きておりました。腹痛かった(笑い過ぎて)。二人とも素晴らしかったぞー!

<16日夜>
夜の指名も上口青と町田黄でしたが、昼とは違いこの二人には何事もなく平常通りに終了(「綺麗な黄色ね~!」byニャン子)。…と思ってたけど、口説き対決の時にテーブルに飛び乗ってナナコさんに向かって股覗きやらかして「あいつ、お客さんに尻向けたわよ!」とまたニャン子さんに怒られてたことを思い出しました。
問題は無茶振り。宝塚の男役を上口くん、娘役を小野田くん(この組み合わせ多いな)で、こっちの方はあんまりやったことないのかな?二人ともアタフタしてたけど(相談して怒られてたっけ?)納得のいく演技プランが見えたのか、小野田くんは物凄いヤル気モードで可憐なポージングで待機。…してるのに、上口くんは袖からなかなか姿を現さず「ん~んん~ん~りぃかこ~ぉ~形容無理)」ととても気持ちの悪い声だけが聞こえること5秒間、「カーット!」の声がかかり終了。慌てて上口くんが袖から飛んできて「もう一回!もう一回!」とアピールしたけど実らず。まあ、あれは確かに男役どころか人間役ではないな(^^;
監督とあべちゃんに駄目出しされてしょんぼりしていた上口くんですが、可哀想なのはあんだけ気合い入れてたのに何もやらせてもらえなかった小野田くんだと思うぞ~頑張れ若者明日にきらめけ~

そして徹子の部屋でこの日捕まったのは上口くんで森進一。「尊敬する人は?」と尋ねられて彼が答えたのが「リンカーン。」…会場中シーン、事務所の先輩うなだれる。「ダメ、もう一回。」と玉野さんに言われ「ええっ!!」と振り返って事務所の先輩に目で助けを求めるも先輩スルー(顔がマジだった)。そんな上口くんが再び答えたのが「もりたくろうさん。」…「誰やねん。」と言う声が会場中から聞こえたような気がしました。
頑張れ上口くん、その後の「ワイルドだぜぇ~」もあんましやったけど、玉野さんに邪険に扱われながらも「ど~も~」と手を振って笑顔を絶やさずちょっとおっさん臭く扉から出てきたり、笑顔で踊る君に期待してます。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。