FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.30(Thu):ミュージカル話
8/29(水)14時 シアタードラマシティー 15列目上手側

玉野和紀 吉野圭吾 町田慎吾
中河内雅貴 相葉裕樹 西村直人
田中ロウマ 上口耕平 小野田龍之介
<上演時間:約3時間(休憩20分含む)>

順番逆になったけど続いて昼公演。夜はキーヨパパが近くのお席でしたが、昼は「男たちの宝塚」の原作者の辻則彦さんが同じ列の通路側にいらっしゃってました。なんとなく嬉しかったです。
【More...】

・DCは舞台が広いけど、舞台前方に黒い布が敷かれてたり袖のカーテンが若干張り出し気味になってたりで、実際に使われる部分はクリエと変わらず。だけど、M1の冒頭辺りで屈みながら180度近く開脚してそのまま右手を支点にして半円描くように足を運ぶ振りがのびのびしてるように見えた。この振りも好きなんだよー
・マドンナが最後に一瞬だけ坂田師匠の振り(歩く時の)をしてた。
・とめさんの「19歳、ぴっちぴち」は「ふざけんな」で、「89歳、もっちもち」は「好きになりそう」だそうな亀次郎さん。
・何人目かわからない孫の名前はちこちゃん。夜はご長寿三人で二回ぐらい「ちこちゃ~ん」って手振ってたなあ。
・「ゲゲゲの」で「違う、鬼太郎だよ」に「俳優の?」って返して「…懐かしいとこきたな」と亀次郎さんに言われたとめさん89歳。
・帝劇日ネタは「ナンクルナイサー」→「エンドレスチョップ」→「エンドレスキック」個人的に夜ほどではないとはいえ、若干困り気味の末に出てきた荒谷さんのこの答えナイスと思った(念の為書くと元ネタは「ENDLESS SHOCK」)。チョップもキックも想像したら笑ける。
・そう言えばとめさんの口調というか声のトーンがクリエと違ってた。全体的にホワンとはしてるんだけど「間違ってますか?」がちょっと脅迫めいてたというか。
・鉄道マンのおじいちゃんのトーンもちょっと変わってる。
・ところであの三つ子の鬘って前作の園児(ナオコ、ヨシコ、トモコ)のですよね?…やっぱりガクさんがヨシコちゃんに見える。
・旦那様を痛めつける前のムタさんのニヤリなくなっちゃったんだね…首をゴキってやる時にポニテが揺れて肩越しに前にばさってくるのがすごい好きです私も。
・これがうわさの玉子のおさげひっつかんで「近い」攻撃か。
・四つん這いになってじりじり近付いていくシマウマにじりじり後ずさりするナナコに大笑い。あれは怖いわ(「下がっちゃ駄目よ!」byニャン子)。
・ホスト紹介でまた「ユウタさん、レンさん、田中さん。」言ったシマウマ。
・ブランケットをナナコの顔に直撃させちゃったので「ひひーん」と謝ったシマウマ。
・ももクロゲームでこけてソファーの後ろから這い出してきたシマウマ。
・指名は上口青と中河内赤で、時には両腕だったり、時には脚だったり、時には体全体を伸ばして文字通り体全体で愛を告白し、終いにはソファーの後ろで(たぶん)開脚しつつナナコを抱き締める赤。対して青もクサい変な芝居で対抗し、また客席にお尻を向けたままテーブルに両手突いて180度開脚して床にペタンとなって客席拍手。
・そんな二人にオーナーから「よくやった」とお褒めの言葉が出ました。てか、途中からオーナーが二人の様子見てるのが面白い。
・前述したように舞台前方には黒い布が敷かれて「ここは舞台ではありません」とされてます。と言うことは実際の舞台と客席への階段に距離があります。そんなお陰で玉子とナナコを見送るリョウがシャッターの外に締め出しされました(「リョウが締め出されちゃった!」byニャン子)。
・その後、ちゃんとシャッター上げて(音出なかったのが残念)、ドア閉めて、ニャン子に迫ってました。灯りは「引っ張るタイプ?(byニャン子)」
・新旧TOP対決は「うぇい!」「うぇい!」「うぇい!」「うぇい!」「う~ぇい!」「う~ぇい!」「よし!」で引き分け。書き忘れたけど夜も引き分けでしたが、旧が「あれもんでこれもんでちょっとそれもんで」でうっすら笑い堪えててアベちゃんにも「笑ってましたよね?」と突っ込まれてた。
・無茶振り1は宝塚で、男役が相葉くん、娘役が町田くんなんですが、監督から「歌と踊りで表現しろ」と言われて二人ともものすごく動揺してた。特に町田くん。
・マコト登場で「り~かこ~!」となかなかいい声を響かせ大きな身振りの相葉くん、「ま~こと~!」と結構頑張った町田くん。が、何故か最後は前も見たことある気がする下手方向向いて片膝立ちになってるマコトの背後に同じく片膝立ちリカコがいるって状態になってた。監督からは「あれは歌じゃない!叫びだ!との駄目出し。
・無茶振り2は、上口吉本新喜劇小野田大阪のおばちゃん。やっぱり来たかご当地ネタ。これもものすごく困ってた。でも、小野田くんはスクールバッグを買い物かごに見立て(手首に下げる)がに股立ちで、マコトに対して「なんやあんたここ来たらあかんやんか!」とかすごい早口の大阪弁でまくし立ててて、途中で飴ちゃんあげたりしてすごい雰囲気出てて上手かった(頭にパーマのヅラが見えたよ)。
・片や上口くん、「おじゃましまんねやわ~」と竜じい(井上竜夫氏)のネタで登場はよかったし、階段降りてきて「ごめんくさい」も面白かったし頑張ってたけど、流れ的には完全に小野田くんに飲まれちゃってた&噛み合ってなかった(笑)。最後はリカコの座ってたテーブルで「かいーの」やってカット。個人的には登場から「ごめんくさい」で出てきて「これまたくさい」「あーくさ」の三段オチにするか、マコト=金持ちの御曹司ってことでうっちー(内場勝則氏)の金持ちのあほボンネタでちょっと観たかったかも。
・ところで、何故階段ではなく床に直接あぐらかきますか見学三人組(スカート組はバッグで大事なとこカバー)。
・白燕尾で玉野さんのタップが終わって下手から並んで出て来るところの上口くんの笑顔と脚の動きが大好き。
・お題は「大阪で好きな食べ物」で(()内は玉野さん)、
小野田くん→「たこ焼き!新大阪で食べました。」
上口くん→「串カツが好きです!(「あ~美味しいね~もう食べたの?」)まだです!…ありがとうございます!(「…なんで俺にありがとうなんだよ?」)」…連れってってもらえるといいね上口くん。
ロウマさん→「(アメ村の)三角公園…でしたっけ?あそこにDIESELの古着屋があって…(「お題わかってる?」)」ホント、このボケは誰の影響なんだか。
西村さん→「福島にあるなんとかって店のいかの料理(客席のおばさまがテレビで紹介されたのを見たらしく「あ~」と声を出して玉野さんにいじられた)」
相葉くん→「焼肉です!(「…お前そればっかりだな。」)」前日の夜に小野田くん、西村さんと分厚いステーキを食べに行ったらしい、けど、西村さんは「夜はあんまり食べられないから…」ってソーセージといも(じゃがいも?)を食べたらしい。
中河内くん→「○○(忘れた)とうどん。」西の人間なんで玉野さんと「あの甘めの出汁がいいよね~」と若干盛り上がるところに「僕も西の人間です!」と絡みに行って「どこの西まで行くんだよ」と玉野さんに突っ込まれて「…ロス?」なロウマさん。
町田くん→「551の豚まん。さっきもそこ(ケータリングコーナー?)にあったんで食べたんですけど、動くと『うぅえ…』ってなって苦しいです。」…なんか可愛いなあこの人も。
圭吾さん→クリエに比べたら落ち着いたテンションで普通に歩いてニコニコしながら登場…したままやっぱり答えない。玉野さんに突っ込まれてようやく答えたのが「桃が好きなんです(「…大阪関係ないよね?」)。え~?じゃあラーメン!ラーメン好きなんですよ。昨日『どっかないかな~』って辺りをぐるっと回ったら、三田製麺を見つけました!(←いかにも「大発見しました!」って感じの顔と口調)」に対して、「それ、東京でも食べられるよね?」の突っ込みが年上二人から入り、「…食べられますよ?」と開き直ったパーマが可愛い。
・スクリーンに向かってジャンプはなくなったけど、なんか後ろ向いて右手上げて、同じく後ろ向いて左手あげた中河内くんと指先ツンツンして遊んでた。
・その後に「ちこちゃ~ん」と客席に手を振った41歳桃好き。
・前後に脚を屈伸して体の準備をする41歳ラーメン好き。
・ライオンの着ぐるみを脱ぐ時の台詞が「あっつい!」から「おつかれっしたー」になってた。
・何故か半笑いで扉から出てきたロウマ裃。いつぞや鬘を前後逆に被っていた(らしい)ことと関係あるのかな?
・マルモリでハゲヅラを投げようとしてこける時に被ってるフードが落ちちゃった犬。フードが落ちても犬だった(髪型が)。
・「まだまだ残暑が続くにゃー」の西村猫にゃん。夜は「残暑お見舞い申し上げます…」。
・扉から蚊が顔出して様子を伺うあたりの溜めがなんか長くなった気がする。ダンスもちょっと変わった?
・徹子の部屋は中河内くんで「通天閣さん」。腰を落とした構えのまま両腕を上に突上げて「つう!てん!かく!」と叫んでました。
・最初の方のカテコで他のメンバーは黒い布ギリギリのところで止まったのに、そんなところないかのように本当の舞台ギリギリのところまで一人ザカザカ出てきてくれた桃好きの人がとても嬉しかったです。最後のカテコでは全員ギリギリまで来てくれたのも嬉しかった。

よし、なんとか間に合った。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。