--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.01(Sat):ミュージカル話
続いて二幕。今日のトークレポが楽しみです。
【More...】

・「壁の向こうに」は熱演であればあるほど、こうお尻がもぞもぞする感が最後まで拭いきれませんでした。この感じはアレに似てるなジャポネス・ガランチード。
・でも衣装とかキャストの演技自体とか音楽とかは大好きで、ツイッターでも言ったけどガイウスの衣装が一見パンツ風なのに、殺陣でくるっとした時なんかにアシメントリーなスカート風になってる上着の裾がふわっと広がって下に穿いてるショートパンツとニーハイが見えるってのがいいよね!と力説したい。
・その割には、8人の衣装が殺陣で対峙する同士(ガイウスvsアウルス、クラウディウスvsルキウス、マニウスvsスプリウス、クイントスvsティベリウス)で似た作りになっていることなんて、教えて頂くまで全く気付きませんでした。
・ところで、前にこの話はアテルイ達が若い頃の話だと勝手に妄想してると書いたけど、名古屋でガイウスの「いつか必ず」を聞いた時に「…池田さん?」とか思っちゃって、また新たな妄想が始まりそうでしたすみません。差し詰めルキウスが星野でアウルスが山田でクラウディウスが上原?
・更に懺悔すると、やや後方から観た時に上から落ちてくる地図がどこぞの陛下が撃ち落とした鳩に見えましたすみません。
・で、名古屋ではその地図が牢獄の外に落ちっちゃって、ちょっとヒヤッとした。幸い鉄格子のすぐそばだったのでなにも支障はなかったけれど。
・本日のお題は「C7を料理に例えると?」で、
小野田くん→「キムチ鍋ですね。辛いし(笑)、いっぱい汗かくし…」から「(公演中に)どれぐらい水を飲むの?」って話になって、「500mlを3本と、あと袖にお茶を1杯置いてます。」と小野田くん。それだけ飲まないと脱水症状になりそうなんだそうです。そりゃ50音順だけ見てもすごいもんねえ…。そういや2年前の夏に「水ばっか飲んでた!」と言ってた人は、今年どれぐらい飲んだんだろう…。
上口くん→たぶん上口くんは、色々な料理が並んでてそれを好きに楽しめるって意味で「ビュッフェ」って言ったんだと思うけど、残念ながら部長には伝わらなかったみたいで「…あとでグーグルで意味を調べてください。」と言われておりました可哀想に(笑)。ちなみに上口くんは「そんな料理の中で僕もポテトぐらいでありたいです。」と謙虚なこと言ってましたが、「ビュッフェ」の発音はかなり怪しかった(笑)。「ぱみゅぱみゅ」と共に頑張れ。
田中さん→「ご飯にシチューをかけた(この時点で会場中「?」マーク)…シチューはクリームシチューなんですけど(「そこはクリームに拘るのね。」)…」要するに和と洋(「まあ洋は僕だけなんですけど」)が混ざってて、色々な具材が入ってて熱いってことを言いたかったみたいですわかりにくい(でもそんな田中さんが好き)。
西村さん→「西村直人くんは(「自分でくん付けするんだ」)…いけませんか?(「いや、別にいいですけど…」)直人くんは、C7を料理に例えると、色々な食材が入り、出汁も入って最高の一品になる!…ってことでパエリアでどうでしょう?」これには部長も客席も「お~」と納得の声が上がって、西村直人くんも自信満々顔で立ち位置に行ったんですが、その後に何故か不貞腐れてた。可愛い。
相葉くん→「…闇鍋です!」に客席拍手。部長に「無茶振りのこと?でも、食べたら旨いでしょ?」と聞かれ「…そう、思いたいです…」と答える姿に可愛いなあと思った。大体美味しく頂いてますよ私は。
中河内くん→頑張って長い時間煮込めば煮込むほどいい味になるということで「鶏ガラスープ」に座布団あげたくなりました。ちなみに彼は鶏ガラスープでカレーを作るんだそうで、部長に「今度作って来てよ。」と言われ「はい!」と言っておりました。確かに美味しそう。
町田くん→「調味料」発言に会場中から「なんでやねん!」って声が聞こえた気がする。彼曰く「調味料って色々あるじゃないですか。すっぱかったり、辛かったり、しょっぱかったり…それらが合わさって一つの料理を作る」んだそうで、説明聞いたら納得。それにしても「じゃあマチ、一人ずつ(調味料に)例えてよ!」の西村さんに対して「…あんまり調味料知らない…」と弱り切ってた町田くん面白い。いじるのさぞかし楽しいだろうなあ。
圭吾さん→例のゆらゆら貞子で出てきてでんぐり返って「はい!」で登場して、例の笑顔で立ち位置についた(やっぱり答えない)圭吾さん、おもむろに最前に座る方を指差して「さっきからこのおとうさんが気になって仕方がない。」といじり出す。どうやら色々大受けで手を叩いて大笑いしてたみたいで、それ言われてから50音順中はちょっと気になって仕方がなかった。確かに大喜びしてはって、普段女性が喜んでるのを見るのとは違う嬉しさがあるんだろうな~って思いました。
部長がTシャツの説明してる時も「買ってくださいね~」ってピンポイントで攻めてるし(ちょっと羨ましい)。それに対して「『うんうん!』って(おとうさんが)頷いた」って真似する圭吾さん(胸の前で両手合掌してちょこんちょこん首を振る)がとても可愛かったです。
肝心の料理は、「背脂のたっぷりのったラーメン(またラーメンか)。」その心は「食べ過ぎるともたれる。早く食べないと伸びちゃう。」だそうです。もたれてもまたすぐに食べたくなるんだよねえ。
・で、たぶんどこかでやらかすだろうと思ってましたが、コーチとボールくんコーナーで客席まで降りてラケット振る時に、さっきのおとうさんにラケット押付けて振らそうとしてた宗方コーチ。
・大阪夜もでしたが、エースの上口くんがTシャツの袖をめくり上げてパンツの裾も膝下辺りまでまくって出てきたんですが、たったそれだけなのになんとなくエースっぽく見えたのは私だけだろうか。
・「えーけーびー48!」の途中で出て来る「えんやーとっとー」の船頭さんも「遠い…」と呟いていた。
・そして最後ぐらいはとオペラを持って行ったんですが、いつも船頭さんに対して鋭い視線を送っているセンターのデコの綺麗な人が途中で笑いを堪えるような顔になり、ついには「ぶはっ」っと盛大に噴きだして撃沈していた。…船頭さんなにかしたんですか?
・ひよこちゃんが出てきた時に強張った硬直顔とか、その顔で頬をぷしゅーぷしゅー膨らませてることが多かったけど、今回は引きつりつつも笑顔だった上口たらこ。でも目は泳いでた。
・「つ~けまつけつけつけまつげ~」で耳の上あたりで両手をぴょこんぴょこん、体もぴょこんぴょこんさせる振りも可愛いよなあ。でも顔は無表情(たぶん)なのがシュールだなあ。
・蚊がダンスの途中で2秒ぐらい静止してポーズとってた。
・そして超笑顔で寄りかかる田中おばちゃん(絶対に似てるよ東山さんに)を支えきれずに共に崩れた上口黒子。退出しながらおばちゃんに両手合せて「ごめんごめん」ってやってる姿に微笑ましくなりました。
・徹子の部屋は念願の圭吾さん捕獲で「しゃちほこさん」。…観念したというか、ちょっと困ってるというか、ほんの微かに笑顔な表情のまま黙考すること数秒、時折「あー…」とか発しながら(頑張れ41歳)下手方向を頭にして腹這いになり、背筋するみたいに上半身を浮かせて膝下からを折り曲げたしゃちほこさんは、「…結構ねーしんどいですよこの格好ー来てくださーい…皆来てねー来て、名古屋城。」と仰ってました。公演始まる前に名古屋能楽堂と名古屋城に行ったけど、中には入らずですみません。
・「そ~れそれそれ」「ワイルドだぜー」でも両手前について右足をぴょんとしゃちほこしてて可愛かった。言い方も全然ワイルドじゃなかったけど可愛かった。
・今回ほとんど上手側だったので、矢島美容室で足先は閉じたまま膝先だけ開いて腰をぐっと落としてくいっくいっとする振りが前から見られなくてもどかしかったんですが(後姿もそれはそれでいいんですが)、やっと最後に前から観られた。エロい。
・客席降りRising sunで5列目辺りの後ろにある通路の上手側であの振りしたのち、歌いながら前述のおとうさんにタッチしてアイコンタクトしてたパーマさん。「ライ・ライ・ライジングサン!」のマイク向けで3回目のフェイントで「騙された~!」ってお客さん指差してる姿が本当に可愛いと(略)。あと、階段使わずにしゅたっと舞台上に戻る姿には毎回惚れ惚れしてました。
・で、「ん」に入る暗転時に客席通路の最上手側を誰かが静かに、でもものすごい速さ(さながら忍びの者)で走って舞台に戻って行った。…小野田くんだった。
・どうも客席降りで2階席まで来てくれたはいいもの、階段がどこにあるのかわからず迷子になってたらしい(笑)。「ん~ん~んんんん~」にはギリギリ間に合いました。
・カテコでセンターの扉奥で玉野さんが最敬礼したあと、中々扉を閉めないとか、ほそーく真ん中だけ開けて玉野さんの顔だけ見えるようにするとかのいじめも本当に楽しかったです。

以上で私の観劇は終わりました。公演も残すとこあと2つ。彼らが最後まで何事もなく全力で走り切れますように。そして、来年の冬もこうやって楽しく過ごせますように。

…って、終わりみたいに書いたけどあと50音順のまとめだけします。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。