--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.31(Mon):ストプレ話
年末恒例企画。昨年はこんな感じでした。
【More...】

1/10 ダンス・オブ・ヴァンパイア
1/29 集まってみちゃう?
2/10 CHESS IN CONCERT
3/8 ジキル&ハイド×2
3/12 M・クンツェ&S・リーヴァイの世界 2nd season
3/27 ジキル&ハイド×2
4/6 ジキル&ハイド
4/28 神戸はばたきの坂
5/31 ダウンタウン・フォーリーズvol.8
6/1 ダウンタウン・フォーリーズvol.8
7/1 対決ライヴ 美女?!と野獣?!
8/14 CLUB SEVEN 8th stage!×2
8/15 CLUB SEVEN 8th stage!
8/16 CLUB SEVEN8th stage!×2
8/22 相棒展premium2
8/29 CLUB SEVEN 8th stage!×2
8/30 CLUB SEVEN 8th stage!
9/16 すうねるところ
10/6 PRESS
10/20 ウィーン版「エリザベート」20周年記念コンサート
11/10 客家×2
11/23 客家×2
11/24 客家

14作品29公演で、作品数は微増したものの観劇数は減ってしまいました。お店が閉店し、職場が変わったことが関係してるのかはわかりませんが、あまり遠征しないようにしたのと、やっぱり日程が合わなかったこと、ぎりぎりまで悩んだ挙句「やっぱ観なくていいか」となってしまったことが大きいかな。当初の予定では「RENT」とエリザは観ようと思ってたんだけど。
今年はなんと言っても夏のC7が楽しかったです。ガンガン踊る圭吾さんがたくさん観られて幸せ。EXILEのベストアルバムのCMが流れたりするとあの手足すっぽ抜けるんじゃないかってダンスが浮かぶし、今のウメッシュCM見てはあの可愛い仕種と表情が浮かぶ。他にも見所多くて楽しい夏でした。あとウィーン版エリザは観ることが出来て本当によかった!
ストプレでは「すうねるところ」を観ることが出来たのもよかった。ちょっとおかしくて、でも切なくて、どこかホッとできる作品。再来年ぐらいに再演あったらいいな。
そして忘れちゃならないのが1月のFCイベント。私にとって吉野圭吾と言う役者さんは、人柄ももちろん大好きだけど小説やマンガ、ドラマなどの続きが気になるように、「この人はどんな演技をするんだろう?どう表現するんだろう?」ってワクワク感を常に抱かせてくれる役者さん。このイベントもそうだし、今年の圭吾さんの舞台を観ていたら、この先この人に対して興味をなくすことが果たしてあるんだろうか?と心底、改めて思いました。
余談ですが、先日発売された英介さんのご著書の中で「好きな芝居や好きな役者が、いい芝居でいい役者」と書いておられて、当たり前のことなんだろうけどかなりハッとさせられました。そんな英介さんのサイン会が来年1/29に池袋であるそうなんで、まだ未購入で気になってる方は是非お出掛けを。そしてお零れを私にくれ。

そんな訳で今年一年も戯言にお付き合い頂きましてありがとうございました。皆様にとって来年が今年よりも良い年となりますように。そして良い作品にたくさん巡り合えますように。まずは「密会」だあ!
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。