FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.02(Wed):戯言
新年あけましておめでとうございます。今年もゆるゆる参ろうかと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。
毎年大晦日から元旦にかけて見る夢を初夢というのか、それとも元日の夜に見る夢を初夢と言うのか気になるんですが、今朝夢の中で白燕尾にシルクハット姿の長いもじゃさんが登場してダンスをご披露してくださいました、何故手にホルンを持ち(舞扇の如く華麗に操る)、何故私の高校の教室でなのかがよくわかりません。でもかっこよかったので気にしない!
ところで、鏡餅ってこんな持ち方するものですっけ?長いなあ今年も。
【More...】

そんな訳で昨年は行けなかったけれど、またまた片埜神社に初詣に行って参りました。厄除けのお守りをお返しした後に例のお守りを買って、そしておみくじも引いてみました。


中吉やったんですけど、内容読むといいのか悪いのか解りません。
その後、首塚の方に行って、醤油の入れ物に詰めて持参してきた日高見のブルーさんを塚の前に撒いてみた。そこでふとこんな色紙が飾られていることに気付きました。

漢詩…ではないか?「阿弖流為」の下に「◯◯作」と書いてあるけれど読めない。いつから飾られてるんだろう?今日もアテルイとモレはいなかったです。

その後に初売りでついアウターを買ってしまったりしながら、「レ・ミゼラブル」を観て参りました。ご覧になった方の感想を読んでいると号泣したって方が多かったので、自分もやばいかな?と思いつつ観賞。時折胸がいっぱいになったりうるうる来りはしましたが、泣くまではいかなかったので、「あ、大丈夫かな」と思っていたら、バルジャンが昇天するくだりのヒュー・ジャックマンの表情と、自由の国で三色旗を振る学生たちの画にやられました。あれはあかん、舞台版の後ろに並ぶ学生たちも危険やけど、映画ならではのあのシーンはあかん。ガブローシュが街中を駆け巡るシーンも映像での利点を上手く使ってていいなあ。冒頭の海面に浮かぶ三色旗のシーンから、座礁した大型船を引っ張る囚人たちへ切り替わっていくのもワクワクしました。
全体的な感想は、割りとさくさく話が進んで行ってしまう感じではあるものの、舞台では表現されていない部分が描かれていたりで、未だ原作未読の私としては「あ、これはこう言う訳やったんや」と納得出来る部分があってよかったです。そしてやっぱりレミゼは歌が、曲がいいっすね。若干舞台版とは曲の入る順番が違ってましたが、「夢やぶれて」は映画の方がいいなあ。そして「スターズ」からベガーズに切り替わるシーンがなんか好きです。
役者さんはジャベールがもうちょっと体形がシュッとしてて欲しいなあと思ったものの、バルジャンを撃つことが出来ずに逃がしてしまった時の演技とか、ガブローシュの亡骸に勲章を付けてあげる時の表情とか好きだなあ。あとちびコゼットが可愛い。
ところで、劇中のアンジョルラスが幾度となく某アンジョルラスに見えてしまって大変困りました。私は実際にちゃんと観たことないんですけど、玲奈ちゃんのコンサートや、会報などの写真や、去年観ることが出来たアンジョルラスな人の裏側映像や、ご覧になった方のお話や今までに観た他の役の演技などで「こんな感じ?」って風に私の中の某アンジョルラスが出来上がってしまっているので、それがちょこちょこ顔を出してきて(^^;髪型が似てるのもあるけど、髪型以外も何となーく似てるような…顎のラインとか。ついでにマリウスはどことなくルカスに見えた。
アンジョと言えば、原作未読ではあるものの彼の最期のシーンだけは読んでいたので、原作と舞台を合わせたあの最期にはグッときました。あと、バルジャンの臨終に立ち会った後、マリウスとコゼットの耳にも「民衆の歌」が聴こえてる風なのもよかったなあ。欲を言えば、舞台版の銀の燭台に頬擦りするバルジャンが大好きなので、それも入れて欲しかったかな~と、欲を言えばきりがないけれど、舞台版のレミゼが好きな方には一度は観て頂きたいな~と思った作品でした。時間が合えば、もう一回観に行きたいな。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。