FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.20(Sat):ストプレ話
4/16(火)19時 シアタードラマシティ― 3列上手端

陽子:篠井英介
香織:深沢敦
真由美:大谷亮介
<上演時間:約1時間45分>

二年振り、そして最初で最後になるであろう御三方が50代で迎える3軒茶屋婦人会の公演を観て参りました。
先月の「ウェディング・シンガー」に続いて結婚をテーマにしたお話でしたが、私にはこっちの方が性に合っているようです。「そんなことないわ~」と笑う自分がいる一方で、「そうかもしれないな…」「うっわ、すっごいわかる!」と心のどこかをチクチクやられているような痛みもありつつ、話自体は決してハッピーエンドじゃないのに、観終った後にふんわりした明るい気持ちになれる不思議な感覚に陥った舞台でした。是非色々な世代の女性の方々に観て頂きたいな~
以下、感じたこと。若干ネタバレしとりますよ。
【More...】

物語は、真由美という独身女性の元に高校時代の親友・香織からある報告の電話がかかってきたことから始まります。その報告とは、もうすぐ結婚するということ。相手は真由美の知り合いでもある義男。そしてその義男は真由美の友人で、ブライダルコーディネーターでもある陽子が大学時代に付き合っていた人で、あろうことか真由美はその陽子に香織と義男の結婚をお願いする。けれど、実は陽子はまだ義男のことが忘れられず、真由美も香織の結婚を素直に祝福することが出来なくて、そこから女性三人の様々な想いが絡まって…というお話。
観ている途中までは、紆余曲折を経て最後は香織は義男と結婚し、その香織を真由美と陽子も祝福してハッピーエンドで終わるんだろうな~と思ってましたが、そんな私のありきたりな予想は、まず真由美が終盤に自身のある秘密を香織に告白するところで外れ、そして最後の香織の告白で見事に裏切られました。
三役ともにそれぞれ様々なものを抱えていてそれぞれ山場があるんですが、真由美が香織に秘密を告白するシーンでの、媚びるでもない、訴えるでもない、ただ淡々とそのことを話す表情と声、演技がかなり心に深く届きました。香織にあんなことを言われて傷付いてはいるんだろうけど、式場の中庭(なのかな?)に一人座っている真由美からは長年の想いを告げることが出来た清々しさも感じられて、なんだか切なかった。でも、いきなりあんなこと言われた香織の気持ちもわかるし、義男への思いを断ち切れずにあの行動に出た陽子の気持ちもわかる。
G2さんいい脚本書くわ!とにかく、三人の女性がそれぞれ愛おしい。もしもこれを(性別的な意味での)女優さんがやったらリアルで生々しくて、後味の悪い、観劇後にどんよりした気分or刺々しい気分になるんじゃないかという結末なのに、パンフで英介さんも仰ってますが、女方がやると何ともチャーミングで面白く、「ああ、明日からも頑張って生きていこう」とすっきり思えるのが本当に不思議であり、最大の魅力でもあるんだろうなあ。
役柄的には、美人でさばさばしたキャリアウーマンの陽子、天然な趣のある可愛らしい香織、どこか憂いを秘めた真由美といった感じで、婦人会の第三作「ウドンゲ」と似た感じのキャラで配役だなーと思いましたが、前作の「紅姉妹」同様に役をシャッフルしても面白そう。個人的には真由美を英介さんでも観てみたいなと思いました。
そしてツイッターでも呟きましたが、陽子というか英介さんのスタイルの良さには溜息しか出ません。基本スーツ姿なんですが、ある場面で着る赤のキャミワンピに黒のハイヒール姿は眩し過ぎる。6年前の「ウドンゲ」でも二の腕を露出するシーンがあって、その時はややぷにょんとした質感を感じましたが、昨年のライブの時と同様にほっそりとしたとても男性(しかも50代)の二の腕だとは思えない美しさ。腰も細くてかつ姿勢も仕種もお辞儀も何もかもが美しいので、3列目で見ても女性にしか見えません(って、女方で観る度に言ってるけど)。特に後姿の艶やかさが印象的です。襟足長めのショートヘアーも素敵だったな~
その英介さんと比べると大谷さんはヒールのある靴に苦戦されていたかな?歩く時にちょっとよろよろしていたように見えました。あっちゃんもちょっと歩き方がぎこちなかったなあ。でも、ウェディングドレス姿は可愛らしかったです。丸っこくて(笑)。

カテコで大谷さんに「大阪最高!」と仰って頂いた大阪公演は残念ながら一回だけで終わりですが、今回は第一作の「ヴァニティーズ」以来の複数観劇を決行。そんな訳で来週に芸劇でまた観る予定なので、次はがっつりネタバレな感想を書くつもりです。
今回は上手の端の方だったので、序盤での香織の話を聞く陽子の表情が全く見えなかった部分があるので、その辺りもしっかり観たいです。あと、最初に真由美の元にかかってきた電話の相手が誰なのかもちゃんと真由美の台詞聞いて考えたい。でも、上手端だと香織の話を聞いた後の陽子の表情とか、舞台奥にはけていく後姿とかよく見えたんだよねえ。ついでに後ろの方から三人の動線の美しさも堪能してみたかったなあ。やっぱり交換に出そうかな…でも前で表情も堪能したいしなあ…(独り言)。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。