FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.25(Thu):戯言
もうすぐGWではありますが、閑散期に入り有給も残ってるしってことで、お休みして初めて行ってきました。
京都駅から歩いて15分とのことやったので、それなりに距離はありますが軽くお散歩にもなって良い感じ。ただし暑かった。
オープンから一年経ったし、平日だしそれ程混んではいないだろうと思っていたら、春と言えば遠足のシーズンでしたね…休日程ではないにしても結構混んでました。余談ですが、うちのパートさんはここの年間パスを持っていて、家から自転車で15分で来られるそうです。いいなあ。
【More...】

入口入ってすぐにこの水族館最大の売りらしい、地元鴨川産のオオサンショウウオの水槽がある京の川ゾーン。最初どこにいるのかわからんくて、「いてへんな~?」と水槽の真ん中辺りまで移動してしゃがんだ瞬間、目の前に現れた。

なんか大きな岩が三つ並んでいるように見えますが、これはオオサンショウウオの頭です。何故か三匹折り重なるようにいやがりました。
この時点でも「きもっ!」の連呼だったんですが、更に移動して水槽の端まで行ってみると、そこには10匹以上の大中小サイズのオオサンショウウオがこれまた鏡餅状態に(人によっては軽くトラウマになりそうなので写真はなし)。てっきり4、5匹のオオサンショウウオが水中や木の陰でのんびりしている光景が見られるんだとばかり思っていたので、なかなかの衝撃でした。気持ち悪い以外の何物でもなかった。でも、何故か見てるのが楽しくて決行長居しました(^^;

日向ぼっこ中のオットセイ。あまりにも幸せそうな顔に嫉妬した(笑)。水中を泳ぐゴマフアザラシなども見られます。

アカエイとかウミガメとかサメとか色々いた大きな水槽。

ナポレオンフィッシュ。意外とでかいのね。

クラゲ。「テルマエ・ロマエ」でこんなインテリアが出て来たのでちょっと思い出し笑いしてしまった。
この他にもペンギンやイルカなどがいますが、神戸の須磨水族園がイルカのショーだとすれば、京都はイルカのパフォーマンスといった感じで大人しい印象。ペンギンもケープペンギン一種のみで、オウサマ、アデリー、ジェンツーと三種いる海遊館に比べると種類はこじんまりした感じではありますが、どっちも可愛いのでよし。ペンギンゾーンにはこの日デビューしたばかりのヒナ毛が残っているチビちゃんたちもいて大層癒されました。…なんで写真撮らなかったんだ…。
そうそう、ここにも色々なお土産が売られているショップがあるんですが、様々なサイズのオオサンショウウオのぬいぐるみもありました。そしてどうやらそのぬいぐるみを買うと、レジのスタッフさんに「オオサンショウウオ、お買い上げありがとうございました~!」と言われるらしい。なかなかの羞恥プレイです。ちなみに前述のパートさんによると、去年の12月にはオオサンショウウオのぬいぐるみがいくつか吊り下げられていたクリスマスツリーが展示されていたそうで、相当シュールな光景だったようです。
正直、海遊館や須磨と比べると多少の物足りなさはあるものの、何よりも近場で行き易い場所にこれだけの水族館があるのは魅力的ですね。寺社仏閣と共に立ち寄れる水族館なんてここぐらいなんじゃなかろうか。ちょっと年間パス買おうか迷います(^^;

やっぱり水族館は楽しいな~全国の水族館を回るのも楽しそうだ。次に目指すは…あの水族館だ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。