--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.25(Sat):ドラマ話
「八重の桜」の松平容保役で気になる役者さんだなと思った綾野剛さんと、「リーガル・ハイ」で好きになったガッキーが主演だとは知りつつも、初回は観ず、二回目の途中からなんとなく(たぶんチャンネル替えたらやってた程度)観始めた「空飛ぶ広報室」にすっかりハマり込んでます。
【More...】

何が面白いって、一度は挫折を味わった人々が新たな道を見つけ歩き出す姿が清々しくて、「明日仕事か…」と憂鬱になる日曜の夜が気持ち良く過ごせることと、ガッキー演じる稲ぴょんと綾野さん演じる空井二尉のもどかしい関係ににやにやしてしまうことと、そして脇役も含めて役者さん全員が活き活きと役を生きている姿がとても楽しいです。特に柴田恭平さん演じる空井の上司の鷺坂室長の言葉には毎回心がジンとしてしまいます。
そしてその流れから、空井が憧れ目指し、永遠に手が届かない存在になってしまったブルーインパルスの存在を知りました。自衛隊に音楽隊があるのは知ってましたが、こんなアクロバット飛行専門のチームがあったんですね。それ以前に広報室があることにも驚きましたが(^^;
自衛隊については色々な考えの方がいらっしゃるでしょうし、自衛隊が活躍することがないことが一番の理想だとは思うけど、先の震災などでも示されたように、今の日本には必要な存在なんだと私は思います。けれどその実、自衛隊のことって何もわかってなかったなので、ドラマがきっかけとは言えブルーインパルス含めて少しは知れたことが嬉しい。
んで、今日は気付いたらほぼ一日中youtbeでブルーインパルスの展示飛行の動画を漁りまくっては見惚れてました。…かっこいい。これを子供の頃に観てパイロットに憧れるって気持ちわかるわ~飛行機苦手は私でさえちょっと乗ってみたいと思うもん(笑)。宙返りや機体同士で交差したり、空にスモークで様々なものを描く技も好きですが、縦列編隊から半回転してデルタ編隊に移行するのや、スモークを一斉に止める瞬間などが特に好き。しまいにはブルーインパルスJr.まで観てしまったり、画像だけでもうっとりする始末。そのうち携帯の待ち受けをブルーインパルスにしてたらどうしよう(どうもこうもない)。
こうなってくると、是非肉眼で観てみたいと思うのも自然の流れ。スケジュールを見たら10月に浜松基地の航空祭で展示飛行があるみたいなので、当初行く気のなかった「エニシング・ゴーズ」と絡めて行ってしまおうか?と考え込んでしまってる自分の暴走具合が怖い今日この頃。ミーハーですみません。でも、やっぱりにはどうにも抗えない魅力があるのですどす。 
明日はようやく待ちに待った日曜。今回は鷺坂室長がメインのようですし、「稲ぴょん!いーなーぴょん!」な空井二尉がどうしてああなってしまったのかも気になるので、早く観たい。
ドラマと並行してハードカバーなので文庫になるまで待とうと思っていたのにあっさり陥落して買ってしまった原作も読んでいますが、こちらもスラスラ読めて面白い。原作とドラマは登場人物の設定が多少変わっていたり、ドラマオリジナルの話や人がいたりしますが、全く違和感なく楽しめてます。原作の世界観を脚本家さんがしっかり掴んでいるからかな?…「アテルイ伝」もこんな風になってくれてたらなあ…最後に書き足されたお話もドラマでやるのか気になるけど、是非やって欲しいなあ。
とりあえず空井二尉の朴訥フェロモン撒き散らしまくりの天然たらしで犬みたいな可愛さは危険です。容保公の辛そうなお顔の後に観ると破壊力は更に倍。そんな訳でこれから未読の初回と途中からの二話をオンデマンドで観てきます。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。