--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.15(Sun):ミュージカル話
シアタークリエ
12/7(土)13時 16列センター 18時 11列上手サイド
12/8(日)13時 4列上手サイド  

玉野和紀 吉野圭吾 西村直人
町田慎吾 中河内雅貴 古川雄大
上口耕平 小野田龍之介 橋本汰斗
<上演時間:約3時間(休憩20分含む)>

観る前までは仕事の疲れなどであまりテンションも上がらずでしたが、観終わってからやっぱりC7楽しいなって思いました。思うことは色々あるけど。
以下、三公演混在の感想。だいぶ忘れた。
【More...】

<一幕>
・真ん中の扉から現れる長身が登場してすっと体を折り曲げる姿を見てると「ああ、始まる…!」とドキドキするな~そして「ジャン!」の瞬間から何も目に入らない。八の字に広がったサイドヘアーが可愛い。ソロダンスでの犬(なのかは知らん)も可愛い。
・その後のストライプシャツで登場する玉野・吉野・西村・上口・小野田の5人でのタップかっこいいですね。例によって何故か一人だけ首元肌蹴てますけど。ストライプのせいか、腕が一層長く見える。帽子を被っているので目元はあまり見えないけど、終盤になると口元に浮かぶうっすらとした笑みにぞくっとする。8日の回で最後の決めのポーズの立ち位置に行く時に一旦帽子を持ちあげて、髪の毛をかき上げて被り直した姿になんか見惚れた。
・町田・中河内・古川・橋本のバスケットボールを使ったダンスもかっこいい。踊れる人は球技も上手いんだな~
・かつて50代一人+40代二人でのチアガールを見ているせいか、ミッキー大好きなチアガールにはそれほどの衝撃はなし。直子が喋り出すまでは。ニャン子といい、直人さんの女装芸の面白さって無形文化財の域に達するんじゃないかと思う。その直子とは部の意味で圭子さんもすごいけど。圭子さんって言われるとなんかムズムズするけど。
・音鳴り綴り町は構成は単純に面白かった。キャストが効果音に、もしくはキャストの動きに効果音がしっかり合わせられないとぐだぐたになるよな~自分も音を鳴らせるとわかった時のタナベさんの嬉しそうな顔が可愛い。繋がった時の5人が可愛い。がしゃーん。
・んで、観劇3回目のこの辺りから、橋本くんが目がパッチリして鼻が下向き(というか普通)なあっきーに見えてくる。髪型の効果ってすごい。
・ムラタさんのスムーズな名刺の出し方が好き。この人の、腰は低いけど言うべき時ははっきり言うキャラ好きだ。
・鯉コントは初見ではイマイチに感じたけどなんかじわじわ来た。小野田くん可愛いね。ピチピチ具合は町田くんが上手いかな?
・濃いい役の直人さんも大好きですが、あの素朴で善良そうでちょっと青臭い釣り人も好きです。
・ポケットに手を突っ込んで仁王立ちしている制服姿の背中を見た瞬間「お!海自!」と喜んで、ウェットスーツ姿の五十嵐さんが出てきて他のメンバーが出てきた瞬間「…海猿か…」と少し落胆したのは私だ。いや、海保も素晴らしいですよ?
・5人の海猿たちの苗字を読み上げていく教官ですが、何故か最後の人(橋本くん)が陳さん。前日まではボンジュールだったそうな。海猿たちが必死に笑いをこらえてた。7日夜は王さんになってたっけ。
・7日の夜、本当は等間隔に散らばって罰をこさないといけないのに、何故か中央に整列してしまったのをきっかけに、グダグダになったのが面白かった。教官も笑ってた。
・シンクロ姿の玉野さんの水着の脇から見えるサポーター的なものが気になる。なんで女性用水着が似合ってしまうんだろ。
・吸血鬼のダンスはあまりにもかっこよくて悶える。7日夜はマントの首元の紐が解けちゃったけど、脇の下からも紐で結んでるから脱げなくてよかった。てか期待した通りの登場の仕方で嬉しいですニャン子さん。
・今回も玉子とニャン子の客席いじりのコーナーがあるのね。去年よりは難易度優しいけど。
・まさかここで密かな願望である「狩衣姿が見てみたい」が叶うとは思いませんでした。この際色は目を瞑る。7日夜の客席いじりで「C7のどこが好きですか?」に対して、お一人目:「全力で頑張っているところ」お二人目:「おじさん達が全力で頑張っているところ」ってやりとりがあって、それをすかさずオダさんの「(尺八を吹くのに)集中していたもので」って台詞を「全力で吹いていたもので」で拾いに行く辺りさすがですね。
・無茶振りは今回ペアが固定なのがちょっと残念なものの、全員参加なのは嬉しい。三公演で最も笑ったのは多いし親子の「貧乏な猿の親子」かもしれない。去年同様にお題を言われた時の町田くんの反応が楽しいー
・チェックな衣装は圭吾さんと直人さんと上口くんと小野田くんのデザインが似合ってるし好きな感じ。あとはもーちょっとどうにか出来んかなー圭子さんでも思ったけど腹筋綺麗ですね。今回は一幕でストライプシャツでのタップ、吸血鬼の闘い、このダンスとかっこよく踊る姿が沢山で非常に嬉しかったです。もっとやって部長。
・二幕頭は目と脳みその休憩タイムです。以上。
・50音順は今回もほぼ知らない曲ばっかりだったけど、どれも楽しかった感じ。とりあえず虫除け当番最高。藪さんにブスリやられて時の「何故?」が大好きです。「夢想花」での「逃げ~る~」でスタスタ歩いていく藪さんも最高。猿も最高。
・「ぬばたまの夜渡る月を幾夜経と数みつつ妹は我れ待つらむぞ」が採用されて(他にも出した人いそうだけど/笑)びっくりしたのと同時にちょっと嬉しかった。クイズの問題にしちゃうって使い方をするのは思い浮かばなかったな~ちなみに作者は大伴家持です。アタックチャンス!(握り拳)
・「Rising Sun」は「リンダリンダ」みたく定番ナンバーにしてくんないかなあ。「So Rising Sun」の部分もだけど「Wow Wow Wow Wow~」の豪快なステップも非常に大好きなので。

とりあえず終わり。50音順は大阪観てからもうちょっと詳しく触れるかもしれないかもしれない。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。